鹿行農業共済組合

農作物共済の仕組み

 農業は自然の影響を受けやすい産業であり、全ての農家が様々な災害の危険にさらされていると言えます。
 農作物共済は、災害に備えて、全ての農家が共済掛金を出し合い、同時に国も掛金の半分を負担することにより被害を受けた農家に対して共済金を支払うという、損害の補てんによって農業経営の安定をはかることを目的とした制度です。

農作物共済|仕組み|終了

対象農作物

水稲・陸稲・麦

農作物共済|対象農作物|終了

加入について

事業を営む組合等の区域に住所を有し、水稲・陸稲を耕作する農家が対象となります。(当然加入制とされています)

当然加入する農家
水稲または陸稲のうちいずれか一つでも組合の定めた一定基準(※)以上の面積を作付けしている農家は、水稲および陸稲の全ての面積について加入することが義務付けられています。
  • 当組合の場合、水稲は25.0a(アール)以上、陸稲は10.0a以上の耕作者
農作物共済|加入について|終了

共済責任期間(補償される期間)

水稲は本田移植期から収穫期まで(圃場乾燥期間中のものを含む)陸稲、麦は発芽期から収穫期までです。

農作物共済|共済責任期間|終了

補償内容・共済事故(対象となる災害)

補償内容

対象作物ごとに、いずれかの加入方式、補償割合を選択していただきます。

加入方式対象作物内  容補償割合
一筆方式水稲・陸稲・麦耕地ごとに減収量を算定し、共済金を支払います。7〜5割
半相殺方式水稲・麦農家のすべての被害耕地の減収量を合計し、共済金を支払います。8〜6割
全相殺方式水稲・麦農家のすべての耕地の増収と減収を合計し、共済金を支払います。9〜7割
品質方式水稲減収および品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。9〜7割
災害収入
共済方式
減収および品質の低下を伴う生産金額の減少を補償します。9〜7割
  • 全相殺方式、品質方式、災害収入共済方式は原則としてJA等集荷業者への出荷資料から過去の収穫量のおおむね全量が把握でき、今後も収穫量のおおむね全量をJA等集荷業者へ出荷し、出荷資料の提供が得られることが加入の要件となります。

共済事故(対象となる災害)

すべての気象災害(風水害・干害・冷害など)火災病虫害(いもち・うんか・紋枯など)鳥獣害による災害が対象となります。

  • 気象災害気象災害
  • 病虫害病虫害
  • 鳥獣害鳥獣害
  • 品質方式、災害収入共済方式では、品質の低下による生産金額の減少も補償します。
  • 作物の管理不良などによる減収、薬害など人為的な減収は補償の対象となりません。(分割評価)

事故があったらすぐNOSAIに連絡してください

農作物共済|補償内容・共済事故|終了

加入方式とは

一筆方式

補償割合が選択できます。(水稲・陸稲)耕地ごとに引受および評価をします。

 引  受被害対象
7割補償耕地の普通一般に見込まれる収量の7割部分を補償
 例 (10a当り)500kg×70%≒350kg
3割を超える損害
(約)6俵以下〜
6割補償耕地の普通一般に見込まれる収量の6割部分を補償
 例 (10a当り)500kg×60%≒300kg
4割を超える損害
(約)5俵以下〜
5割補償耕地の普通一般に見込まれる収量の5割部分を補償
 例 (10a当り)500kg×50%≒250kg
5割を超える損害
(約)4俵以下〜
半相殺方式・全相殺方式・品質方式

詳細についてはNOSAI鹿行までお問合せ下さい。

農作物共済|加入方式とは|終了

一筆方式

対象作物は「水稲」「陸稲」「麦」です。

補償額(共済金額)について

共済金額 = ( 耕地の基準収穫量(※1) × 補償割合 ) × kg当たり価格(※2)

(※1) 基準収穫量 :
 その年の天候や肥培管理等が通常のものとして、客観的に期待される平年的な収量
(※2) kg当たり価格 :
 農林水産大臣により毎年、定められます(平成20年産の最高額は水稲222円、陸稲193円)。麦については、水田経営所得安定対策に加入する担い手と担い手以外では、kg当たり価格が異なります。

掛金について

共済掛金 = 共済金額 × 掛金率 - 国の負担額(※3)

(※3) 国の負担額 : 国が約半額を負担します。

  • 掛金率は、過去20年間の被害率を基に農林水産大臣より告示され、3年ごとに改定されます。
共済金の支払について

7割補償の場合3割(※4)を超える減収があったときに支払われます。
(※4) 6割補償の場合は4割、5割補償の場合は5割となります。

共済金額 = ( 耕地の減収量 - 基準収穫量 × 0.3(※5) ) × kg当たり価格

(※5) 6割補償の場合は0.4、5割補償の場合は0.5を代入

  • 作物の管理不良などによる減収は補償の対象となりません。適切な管理・防除をお願いします。
農作物共済|一筆方式|終了

半相殺方式・全相殺方式・品質方式

詳細についてはNOSAI鹿行までお問合せ下さい。

農作物共済|半相殺方式・全相殺方式・品質方式|終了

災害収入共済方式

対象作物は「麦」です。

補償額(共済金額)について

共済金額 = 基準生産金額(※1) × 補償割合(※2)

(※1) 基準生産金額 : 平年的な生産可能な金額
(※2) 補償割合 : 9〜7割から選択できます。

  • 災害収入共済方式の場合、品質の低下も保証します。
  • 麦については、水田経営所得安定対策に加入する担い手と担い手以外では基準生産金額が異なります。
掛金について

共済掛金 = 共済金額 × 掛金率 - 国の負担額(※3)

(※3) 国の負担額 : 国が約半額を負担します。

  • 掛金率は、過去20年間の被害率を基に農林水産大臣より告示され、3年ごとに改定されます。
共済金の支払について

1割(※4)を超える生産金額の減少があったときに支払われます。
(※4) 9割補償の場合

共済金額 =
( 基準生産金額 × 補償割合 - 生産金額 ) × { 共済金額 ÷ ( 基準生産金額 × 補償割合 )}

  • 作物の管理不良などによる減収および規格等の低下は補償の対象となりません。
  • そば混入による規格等の低下は共済金支払いの対象とはなりません。
  • 適切な管理・防除をお願いします。
農作物共済|災害収入共済方式|終了

無事戻しとは

 3年間引き続き被害がなかったり、支払われた共済金が3年間に収めた共済金の 1/2 に満たない場合には、無事戻し金として支払われます。

農作物共済|無事戻し|終了